社名の由来

リスペクトマインド(Respect Mind)とは、『尊敬する心』『敬意を払う心』『敬う心』の意味です。

当社の理念である“新たな価値で未来を創造する”には、現状に満足せず、さらに進歩発展させていき、より高い理想を目指して進化し続けることが大切です。

企業の役割は、より良い社会へのお役立ちであり、私たち個人もその役割を担っています。

昔から「感謝の心が大切」だと言われますが、感謝の心が何故大切なのか?
感謝の心の状態にあるときは、不平不満や傲慢な気持ちが生まれません。逆に、素直で謙虚な心となり、自然とやる気がみなぎる心の状態になります。

企業は世の中を無視して存在することはできません。

上手くいこうが、上手くいくまいが、どんな時も、どんなことも素直と謙虚な気持ちで受け取り、現状から更にお役立ちしていく進化の連続です。

進化に必要な心が、敬意を払う心であり、大切だと思う心です。
敬意を払うから、素直に自分の間違いを認められて、次の進化に向かうことが可能になる。

新たな価値で未来を創造するには、現状に満足せず、愛という思いやりと、敬という進化する心を持って、行動し続けることです。

すべてをありのまま受け止めた時に、新たな進化が始まります。

その心がリスペクトマインドから発するものとして、クライアント企業様が更なる高みへ進化することを願い、そして私たちも大切にしていくものとして社名としました。


お問い合わせ