第258回『業績アップへ導く人材のモテ思考』



<今日のポイント>

 モテるを作り出せる人材は、お役立ち思考の習慣が身についています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 企業の存在意義は、自社の商売でお客様や社会に貢献していくことです。

 貢献とはお役立ちのことですが、企業がモテるのはお客様へのお役立ちの結果です。

 今回のコラムでは、モテるを作り出せる人と、作り出せない人の違いについて書いております。

 職場でも頼りになる人を増やす人材育成の視点にもなります。

 ぜひお時間を作ってお読み頂ければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 仕事はしっかりとこなすのですが、いまいち任せられないという人材がいます。

 仕事をこなすというお役立ちの考え方はあるのですが、自分の普段の行動でのお役立ちまで思考が届いていないというものです。

 時間を守らない、約束を忘れる、身だしなみがだらしない、自分の考えに固執している、都合の悪いことでは言い訳する、自己正当化する発言が多い・・・・

 いまいち任せられないというのは、相手を不安にするマイナスの価値が、普段の行動で届いているからです。

 現状の役割の仕事はこなせているかもしれませんが、おそらくはそれ以上の仕事になったら任せられない状態になると思います。


 仕事とは、会社の目的と目標を達成していくための活動です。

 会社の目的と目標は、お客様へのお役立ちで業績を上げていくことで、今日のテーマである『業績アップへ導く人材のモテ思考』は、“お役立ち思考”というものになります。

 昔からの言葉で言えば“利他の精神”であり、ビジネス書であれば“貢献マインド”と言われるものです。

 お客様に「この会社から買いたい」という気持ちになってもらうには、モテ思考で行動を生み出していく必要があります。


 前述の任せられない人のマイナス価値は、『任せられない=モテていない』という状態で、仕事以外でのお役立ち思考が欠けています。

 【モテる=選ばれる=惹かれる=魅力的】

 表現はいろいろですが、全てはお役立ちを実現する“価値”によって果たされていきます。

 モテる人は、お客様や相手にとってのお役立ちを実現する“価値あるコト”を常に思考しています。

 遅刻をしないというのは、当たり前のことですが『信用』につながる価値があります。

 会社や社会のルールとして、遅刻をしないというのは、表現を変えれば『時間を守って欲しい』という望むことであり欲することです。

 会社や社会のルールとういのは、守って欲しいから作られているのであって、その望みを実践するというのは『信用』につながる価値があります。

 自分くらい守らなくても・・・・

 これくらいは・・・・

 というお役立ち思考でない考え方の人は、前述のように信頼されない人材になっていきます。



 「他部署の人が、何かにつけてとげとげしいから相談しにくいって言っているよ」

 こんな指摘があったとします。

 「私はそんなつもりはありません。ちゃんとやっています。」

 このように言う人がいます。

 自分がお役立ちできていないという結果を無視して、自己正当化するというのはお役立ち思考ではありません。

 お役立ち思考であれば、自分の行動によって相談しにくい状態を作っていることを反省します。

 目的を果たせていないからです。



 業績アップへ導く人材は、モテ思考(お役立ち思考)で目の前の人をいかに喜ばせるか、目の前の人にどうやって貢献するかを考えています。

 芸人さんがモテるというのは、納得いく話です。

 自分を通じて、お客様に笑いでお役立ちしていくことが仕事なので、普段から相手を喜ばせることが習慣になっている可能性があります。

 自社の商売を通じてお客様に喜んで頂く、お役立ちして行くというのは、普段からもお役立ち思考で行動し続けているからこそ自分の身になっていくものです。

 身だしなみ一つでも、不潔に見えるとモテないというのは、清潔感を求められているからであり、清潔感を感じさせることが相手の望みを叶える価値になるからです。

 普段からお役立ち思考で行動すると、それは『価値提供=自分の魅力』になっていくので、モテる要素が増えていきます。

 会社もお客様に対してモテる要素を増やしていくからこそ業績アップにつながっていきます。


 それを生み出すのは人材のお役立ち思考習慣です。