第294回『リーダーシップを発揮して組織を活性化させる』



<今日のポイント>

 組織が活性化していくには、リーダーシップという影響力を好ましい状態になるように意図的に使う必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 目標を目指し、計画を立てても一向に行動が進まないことがあります。

 仕事は結果を出すことが求められます。

 目標達成や高い成果、そして結果を出すには、組織が活性化して、人の行動力と行動スピードを高めていき、それを継続させる必要があります。

 今回のコラムでは、組織を活性化させるための好ましいリーダーシップについて書いております。

 ぜひお時間を作ってお読み頂ければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 組織が停滞している状態は、人のヤル気が無く、行動スピードが遅いどころか文句や不平不満ばかり言って行動しない、何事に対しても言い訳や他者責任のようなことを言うような状態です。

 全ての人材がこうなっているわけではありませんが、このような人材の発する影響力は、周囲に悪影響を広げる【好ましくないリーダーシップ】となります。

 本人が意図していなくても、組織のリーダーでなくても【好ましくないリーダーシップ】を発揮して、影響してしまっているというものです。

 このような人が中間の立場にいると、その部下は【好ましくない影響力】によって心も行動も停滞していきます。

 上司に対しても、自分が動かないことを棚に上げて、動けないことの理由(言い訳)を言ったり、動けないのは自分のせいではなく説明不足といったことまで言うケースもあります。

 組織が停滞した状態で、簡単ではない目標を達成していくことは出来ません。

 言い訳ばかりして、文句ばかり言って、それを自己正当化して、他者責任の姿勢でという一人の影響は、あっという間に組織に広がります。

 【好ましくないリーダーシップ】は、組織を崩壊させるだけでなく、好ましい人材を離反させていきます。


 組織が活性化している状態は、人のやる気レベルは自然と高く、議論も前向きで、行動力も行動スピードも『早く・速く・多く』なります。

 結果が出ないものに対して、どうしたら結果が出せるかという改善や工夫のアイデアと、そのアイデアをカタチにして結果につなげる力が組織として高まります。

 【好ましいリーダーシップ】とういものを、立場に関係なく一人一人が発揮して、相互支援と相互に好ましい影響を発揮している状態です。

 さまざまな制約条件はあって当然で、その制約条件の中で最大限の成果や結果が生み出せるアイデアとチャレンジが活発になります。

 そして、そのような姿勢の【好ましいリーダーシップ】によって、組織の人材がお互いに刺激を受け、切磋琢磨されることで成長スピードも高まります。

 サラリーマン時代からさまざまな組織(チーム)や企業様を見てきました。

 コンサルティングや研修で支援させて頂くときも、良い組織状況と悪い組織状況はあります。

 良い組織状況の企業様は、協力体制も活動量やスピードが圧倒的に高いので、結果が出るスピードも速いです。

 悪い組織状況の企業様は、ランチェスター戦略やコト視点の価値づくりの知識や技術をお伝えしたとしても、まったく活用されずに終わるケースもあります。

 組織というのは、たまたま良い組織状況になるわけではありません。

 逆もしかりで、たまたま悪い組織状況になるわけではなく、悪くなる原因があります。

 ただし、基本は自分勝手にしておけば、簡単に悪くなるので【意図的に好ましい組織状況にする】方法を知る必要があります。


 【意図的に好ましい組織にする】には、『好ましいリーダーシップの基本』『チームワークを意図的に高める方法』『組織ルールを身につける仕組みづくり』『NGワード(使わない言葉)』・・・・いろいろありますが、今日は『好ましいリーダーシップの基本』をお伝えします。


 そもそも、リーダーシップとは?

 リーダーシップとは、一般的には組織を率いる能力のことを言います。

 チームの共通目的と目標(会社が目指すコト)に向かって、導いていく存在となります。

 さらに、人の能力を最大限引き出すことも求められます。(これはチームワーク5つのポイントも必要になりますが、今後のコラムでお伝えします)

 このリーダーシップというのは、『常に発揮されている』という前提があります。

 誰か一人やリーダーだけが発揮していくものではありません。

 リーダーは当然ですが、目標達成に向けて人の力を引き出しながらリーダーシップを発揮する必要はありますが、誰でも【好ましい影響のリーダーシップ】は発揮できます。

 誰でも発揮できるので、チームや組織にいる全ての人が好ましい影響のリーダーシップを発揮する行動が求められます。


 例えば、私の家族でリーダーは私だったとしても、笑いの多い家族という目標に向けて一番高いレベルでリーダーシップを発揮しているのは9歳の末娘です。

 せっかく末娘が好ましい影響のリーダーシップを発揮しているのに、私が毎日イライラして不機嫌な態度をしていたら目標達成はできません。

 目標達成できないどころか、家庭という組織に悪影響を広げる存在になってしまいます。

 余談ですが、父として叱らなければならないこともあります。

 本気で叱りますが、叱った後や寝る前は必ずみんな笑って寝る状態になるようにすると決めています。

 目標達成には、リーダーだけでなく、全ての人が好ましいリーダーシップを意図的に発揮する必要があり、これが習慣になっていくと人柄や人格として自然と身に付くものになります。



 【リーダーシップ4つのポイント】

 1.率先垂範

 良い組織状態にするための決め事やルールを率先垂範する。

 2.当事者意識

 自分以外のことも自分事として、当事者意識で協力する。

 3.目的・目標の共有

 何を目指しているのかを共有する。

 4.みんな幸せ(やりがい)※存在欲求を満たす

 自分だけの幸せでなく、仲間の幸せを自分のごとく考えて行動する。

 詳しい説明は省きますが、この基本に沿って行動基準や行動ルール、組織のルールを作ってみんなで実践します。

 具体的な行動ルール、NGワード(言い訳・愚痴・悪口・他者責任の発言をしない)、挨拶・・・・

 良い組織状況にするためのルールを決めて実践することです。

 まずは、率先垂範で自分自身が見本になっていくことが求められます。

 良い行動で率先垂範しなければ、良い影響は発揮できません。


 組織改革のスタート時は、このような取組みに反発する人材もいます。

 まあ、素直になれないというか、反発する時点で好ましい影響を発揮していなかったことが周囲には分かってしまいます。

 このような人は、自分の存在を認めて欲しいという目的になりがちで、他の人を巻き込んだり同意を求めて自分は正しいという自己正当化をしようとします。

 進め方はいろいろあるのですが、まずは好ましい影響を発揮するリーダーシップの具体的な決め事を一つずつルールにし、みんなで実践することです。

 良い組織状況にすることは『人の原則』を知れば意図的に作っていけます。

 あとは、チェックする仕組みとフィードバックの仕組みが必要ですが、まずは4つのポイントの実践からです。

 4番目の『みんな幸せ』な気持ちになる、やる気になる声掛けなどは、実践すればすぐに効果が出るものです。